原作:池井戸潤

映画『七つの会議』

野村萬斎 香川照之 及川光博 片岡愛之助 音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉 木下ほうか 吉田羊 土屋太鳳 土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太 立川談春 勝村政信 世良公則 鹿賀丈史 橋爪功 北大路欣也

2019年2月1日(金)公開!

正義を、語れ。

大ヒットメーカー×豪華出演陣が贈る超王道エンターテインメント

監督:福澤克雄 音楽:服部隆之 脚本:丑尾健太郎 李正美 制作プロダクション:マックロータス 製作幹事:TBSテレビ 製作:「七つの会議」製作委員会 配給:東宝
エキストラ写真館
Close

原作=池井戸潤×主演=野村萬斎

全ての日本人に問う、『働く事』の正義とは?

『陸王』、『下町ロケット』、『オレたちバブル入行組』などの半沢直樹シリーズほか代表作は数知れず。 企業の矛盾、そして働く人々の葛藤や絆など身近な視点を題材に、痛快でありながら、エンターテインメントとミステリーが絶妙に融合した小説を生み続ける作家・池井戸潤。その作品群の中でも“傑作”との呼び声が高いクライムノベル『七つの会議』(集英社文庫刊)がついに、スクリーンへ登場する。 「結果がすべて」そんな考え方が今なお続く会社が物語の舞台。きっかけは社内で起きたパワハラ騒動だったが、そこに隠されたある謎が、会社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがすことに……。働くことの「正義」とは? そして守るべき信念とは何か? 現代に生きる全ての日本人に捧ぐ、企業犯罪エンターテインメントーー 映画『七つの会議』。 主演は狂言界の至宝にして、俳優としても唯一無二の存在感を放つ、野村萬斎。捉えどころのない自由奔放な顔と、信念を貫く強い心を併せ持つ人物像、主人公・八角民夫(やすみたみお 通称「ハッカク」)に挑む。 更には、今までの池井戸作品を支えた重厚かつ、超豪華な俳優陣が勢揃い。 メガホンをとるのは、『私は貝になりたい』(08)、『祈りの幕が下りる時』(18)を手掛け、その確かな演出力とエモーショナルな映像表現が高く評価された福澤克雄。池井戸作品のドラマ化を数多く成功に導いたその手腕で、複雑な心情の変化を緻密に、ストーリー展開をダイナミックに描き出す。 2019年、日本映画界の歴史に新たな“伝説”が刻まれる。

Close

登場人物

八角民夫(やすみ・たみお):野村萬斎 東京建電・営業一課の万年係長。通称「居眠りハッカク」。 どこの会社にも一人はいる、所謂“ぐうたら社員”。入社当時は敏腕営業マンだったらしいが……。 北川誠(きたがわ・まこと):香川照之 東京建電・営業部長。結果第一主義のモーレツ管理職。社内の絶対権力者。 会社に全てを捧げ、甘えたサラリーマン根性の部下は完膚なきまでに叩き潰してきた。 原島万二(はらしま・ばんじ):及川光博 東京建電・営業二課長。名前通りの万年二番手、平凡を絵にかいたような男。 パワハラ騒動後、“華の”営業一課長に急遽抜擢される。 坂戸宣彦(さかど・のぶひこ):片岡愛之助 東京建電・営業一課長。部長の北川が全幅の信頼を寄せるトップセールスマン。 部下である八角にパワハラで訴えられ、異動に。 三沢逸郎(みさわ・いつろう):音尾琢真 老舗のネジ製造工場・ねじ六の四代目。経営難に陥っている。 過去に東京建電との取引があった。 新田雄介(にった・ゆうすけ):藤森慎吾 東京建電・経理部課長代理。 プライドが高く、社内で犬猿の仲である営業部の“粗”を探す事に執着している。 浜本優衣(はまもと・ゆい):朝倉あき 東京建電・営業一課員。社内環境の改善のためにドーナツの無人販売を企画した。 寿退社を控えている……。 佐野健一郎(さの・けんいちろう):岡田浩暉 東京建電・カスタマー室長。 元は“華の”営業一課で出世街道を歩いていた。自分を切り捨てた北川に恨みを持っている。 田部(たべ):木下ほうか ゼノックスの副社長。絶対的な権力者である、徳山の腹心。 淑子(やすみ・としこ):吉田羊 八角の元妻。とある理由で離婚しているが、八角の良き理解者。 三沢奈々子(みさわ・ななこ):土屋太鳳 三沢逸郎の妹。契約が減り、従業員が少なくなったねじ六を陰で支える。 奈倉翔平(なぐら・しょうへい):小泉孝太郎 東京建電・商品開発部員。東京建電で取り扱う数多くの商品とその部品を開発、管理している。 星野(ほしの):溝端淳平 若き八角が営業を行った老夫婦の息子。 飯山孝実(いいやま・たかみ):春風亭昇太 東京建電・経理部長。社内では営業部の北川に並ぶ実力者。営業部を目の敵にしている。 江木恒彦(えぎ・つねひこ):立川談春 東京建電の下請け会社・トーメイテックの社長。 営業一課が扱うねじの部品を一手に製造している。 加茂田久司(かもだ・ひさし):勝村政信 東京建電・経理部経理課長。 営業部が行った転注についての報告を新田から受け、役員会で追及する事を部長の飯山に進言する。 村西京助(むらにし・きょうすけ):世良公則 東京建電・副社長。 同期である梨田との出世競争に敗れ、ゼノックスから出向した“外様”の役員。 梨田元就(なしだ・もとなり):鹿賀丈史 強権的な態度で出世した、ゼノックスの常務取締役。 過去に東京建電に在籍し、営業部で八角と北川の上司だった。 古巣にゼノックス製の型落ち商品を一方的に押し付ける。 宮野和広(みやの・かずひろ):橋爪功 東京建電の社長。 製造部から、叩き上げで社長に登り詰めた。全社的なコスト削減を推し進めている 徳山郁夫(とくやま・いくお):北大路欣也 東京建電の親会社、ゼノックスの代表取締役社長。 徳山が出席する定例会議は“御前会議”と呼ばれている。